初心者におすすめする着物の本3選

今年こそ着物を着てみようかと考え始めた方,
お茶や踊りのお稽古を始められた方.

私が着物を着始めた頃,手当たり次第に読み漁った着物関連書籍のうち,初めに読んでおいてよかったなーと思う本を3冊に厳選して紹介いたします.

何年経っても,繰り返し読んでも新たな気付きのある良い本です.

1.DVD付 手ほどき七緒 大久保信子さんの着付けのヒミツ

着付けのスペシャリスト大久保信子さんの着付けのノウハウが詰まった1冊.

補正をしなくとも肌着や伊達締めを上手に利用することで,美しく着崩れすることなく楽に着物を着ることができます.

着付けのひとつひとつの動作を,勘所とともに丁寧に解説されているため,本当にこの一冊で着られるようになります.

お太鼓の結び方が少し独特なので,帯の結び方に関しては他の本も参考になさって,ご自分に合った結び方を探してみてください.

DVD付 手ほどき七緒 大久保信子さんの着付けのヒミツ (七緒別冊 プレジデントムック)

2.きもの熱 清野恵里子

著者の審美眼で選ばれた着物の写真が素晴らしい1冊.

写真集としても随筆集としても楽しむことができる本です.

ため息が出るほど手間暇かけて育まれた高価な着物ばかりですが,最初に本物を見ておくことで買い物の失敗も減ると思います.

そういった意味でも,着物を着始めた最初の頃に読んでおきたい1冊です.

きもの熱

同じ著者が綴る,「樋口可南子のきものまわり」にも憧れの着物生活が溢れています.

樋口可南子のきものまわり

3.召しませキモノ スタジオクゥ うにさ&ひよさ

「キモノは別腹」という着物ブログを運営されていらっしゃる,コンビのイラストレーターによるコミックエッセイ.

著者のお二人と周りの方方との着物を巡る物語が,面白おかしく,しかししんみりと丁寧に愛情をもって描かれており,読後にあたたかい気持ちにさせてくれるよい本だと思います.

格式高くて窮屈そうな着物の世界に少し気後れされてらっしゃる方に,気負わず,日常着としての着物を楽しむ工夫に溢れたこちらの本をお勧めいたします.

召しませキモノ

終わりに

今回は,私が着物を着物を着始めた頃,読んでおいてよかったと思う本を3冊に絞って紹介いたしました.

気負わず楽しい着物生活を始めていかれる一助となりましたら幸いです.

コメント