【京都旅行の服装】季節の変わり目ゴールデンウィークの場合

旅行の準備で頭を悩ませる服装選び.

特に,夏でも冬でもない,季節の変わり目の国内旅行の服装選びは難しいですよね.

本記事では,ゴールデンウィークに訪れた京都での服装を例に挙げ,季節の変わり目の国内旅行における服装選びのポイントを紹介いたします.

先ずは靴選び

普段の服装選びにも同じことが言えますが,先ずは靴から選びましょう.

リゾートなのでリラクシーなミュールを,出張なので晴雨兼用のフラットシューズを,といった具合です.

靴が決まれば,自ずと服装も決まります.

今回の京都旅行は神社仏閣を歩くため,歩きやすい靴を,お寺さんに靴を脱いであがる機会が多いため,靴下を履いておくことを考えて,スニーカーを選びました.

白いスニーカーを選ぶことで,足元に抜け感を出すことができて軽やかな印象になります.

雨に備えて,防水スプレーを振りかけておくことを忘れずに.

私は,シューフィッターさんからおすすめ頂いた,[コロニル] 万能防水スプレーを使用しています.

今回の旅行は,ドレスコードのある場所へ出かける予定はなかったため,靴はスニーカー一足のみを履いていきました.レストランなどへ出かける予定がある場合は,ドレスシューズも忘れずに持って行きましょう.

何着持っていくべきか

私の場合,1泊2日の旅行は洗濯しなくとも過ごせる枚数.
2泊3日以上の旅行では,何泊になろうとも3日分の着替えを用意して洗濯しながら着まわします.

どうしても足りない場合は,現地調達もあり.

重ね着で調整

季節の変わり目の旅行時の服装選びのポイントは,重ね着です.

登山時の服装のレイヤリング(ベース,ミドル,サーマル,アウター)と考え方は同じ.

国内旅行,しかも都市部のため,厳密なレイヤリングでなくとも,快適と思われる重ね着を試してみましょう.

ゴールデンウィーク京都旅行のワードローブ

左から時計回りに紹介いたします.

①レインコート

MARGARET HOWELL とMIZUNOとのコラボレーションアイテム.

アウターとして使用します.

②ノースリーブロングワンピース

Theoryのナイロンワンピース.

移動の際には,締め付けないワンピースが楽ちんです.

③シャンブレーシャツ

MADISONBLUEのHAMPTONシャツ

羽織としても着られるシャツをミドルレイヤ―として使用.

シワも風合いとなるシャツを選ぶのがコツです.

④長袖カットソー

ニューズ オブジェスタンダール(n u d e s OBJETSTANDRD)と和光とのコラボレーションウエア.

ベースレイヤーは,メリノウールのものがおすすめです.

夏は涼しく冬は暖かく,水や雨に濡れても体が冷え難く,長時間着用を続けても臭いが気にならないなどありがたい性能を兼ね備えた肌触りのよいメリノウール製品は,旅の相棒に最適と思います.

⑤半袖カットソー&⑥Vネックカーディガン

SLONEの14G天竺 コットン.

ベースレイヤーとミドルレイヤ―とがセットになったアンサンブルは,ワードローブにあると便利です.ベースレイヤーは,白や黒を選ぶと,コーディネートに迷うことがありません.

⑦薄手のパンツ2枚

COGTHEBIGSMOKEのウールジャージーパンツとMaison Margielaのナイロンパンツ.

軽くて動きやすく,なおかつカジュアル過ぎないパンツを選びました.

コーディネート

■1日目:移動の日は,②ノースリーブロングワンピースに③シャンブレーシャツを羽織って,①レインコートをアウターに.

■2日目:雨の比叡山は肌寒い.⑤半袖カットソー&⑥Vネックカーディガン+⑦薄手のパンツ(ウールジャージー),①レインコートをアウターに.

■3日目:晴れて少し温かい日.④長袖カットソー+⑦薄手のパンツ(ナイロン),③シャンブレーシャツをアウターに.

■4日目:移動の日は,②ノースリーブロングワンピースに⑥Vネックカーディガンを羽織って,①レインコートをアウターに.

帽子とストール,サングラス

帽子と薄手のストール,サングラスも忘れずに持って行きたいですね.

帽子は,折りたためるタイプを選ぶと,不要な時の持ち運びに嵩張ることがありません.

レイヤリングで快適に旅を楽しみましょう

本記事では,ゴールデンウィークに訪れた京都での服装を例に挙げ,季節の変わり目の国内旅行における服装選びのポイントを紹介いたしました.

夏でも冬でもない,季節の変わり目の国内旅行の服装選びのポイントは,レイヤリング=重ね着です.

登山時の服装のレイヤリング(ベース,ミドル,サーマル,アウター)と考え方は同じ.

重ね着を活用して,快適に旅を楽しみましょう.

コメント